FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新「愛欲の罠」でもおなじみの森下遼一さんが
ナンパの新教材を発表されました・・!↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=69781&iid=58878&pfg=1


この前後輩に「たくさんお友達を作る上で
気をつけている部分ってありますか?」と
聞かれました・・汗

気をつける点は多分キリが無いほどたく
さんあると思います・・が、その中でも
必須項目の1つとなるのは自分は

「この人だったら安心して何でも話せる」

と言う所では無いかなと思います。

言い換えれば

「話しにくい話題でも、この人には聞いて
 貰いたい」

と言うのが目指すべき人間像では無いかと
思います。

自分も昔は亡き師匠に何でも相談していま
した、それはなぜかと言うと「どんな話でも
自分に向き合って理解しようとしてくれた」
からに他なりません・・(^^)

ではこれを細かく技術的に振り分けると

・感情的にならずに冷静に話を聞く

・基本的に完全否定はしない

・話の核心部分までしっかり聞く

・話題の中心をすぐ自分にしようとしない

・相手が話しやすい環境を整える

と言う部分を自分は大事にしています。

まずすぐに感情的になるのはマズイです
よね・・人には知性と言う物があるのです
から、冷静にじっくりと話を聞かなければ
いけません。

人と話すのが苦手、または特定の話題をなか
なか切り出せない人と言うのは「過去にその
話をして感情的に否定、批判された」経験を
持っている人が多いです。

なので「またそんな風になったら嫌だ」と
言うトラウマから会話が苦手になったり、
聞いて貰いたいけど言えない話題と言うのを
持つ人は多いと推測します。

ですから人が話す時は「冷静に相手の話に
興味を持って、話の腰を折らない事」が
重要だと思います。

ダメな例として最も多いなと感じるのは

・相手が話をする前に意欲を失わさせてしまう

・話の中心がすぐに自分になっている

の2つです。

例えば相手が

「そう言えばこの前○○って事があったよね、
 知ってる?」

と言う風に聞かれた場合・・この時にマズイ
のは

「あ!知ってるよ、アルタの周りで○○止めろ
 ってプラカードを持った人が集まったアレ
 でしょ?でも実は○○がたくさん混じってた
 って噂だよね」

こんな風に対応してしまう事です・・これだけ
相手が知ってたらもう「話す気が無くなる」と
言う事に繋がりますよね・・汗

なのでこういう時は例え知ってても

「え、初耳!何があったの?」

「あ、ちょっと見たけど詳しくは全然・・」

と対応するのが良いと自分は思います。

こう言われたら相手の人も「よし話そう!」
と言う気持ちになりますよね(^^)

「でも知ってる話を知らないフリして聞く
 なんて変だし、何か上からじゃないですか?」

と思われる人もいるかも知れませんが、自分は
そう思いません・・なぜなら

「自分と他人では受け止め方が違う可能性がある」

からです。

例え知ってる話でも自分が思う景色と相手が
思う景色は違うかも知れません・・その話は
自分はAが悪いと思ってたけど、相手はBが
悪いと思っている、そういう可能性もあります。

つまりは「新たな観点、発想」を学べる機会
でもあるんです。ですから知ってる話でも
相手から話題が振られた時は初耳か、詳しくは
知らないと言う形で臨むのが良いと思います(^^)

次にマズイ対応が「自分が話の中心にすぐなる」
ですね・・例えば

「この前中目黒の○○ってイタリアン行ったけど
 美味しかったよ」

「そうなんだ。あ、恵比寿の○○って行った事
 ある?あそこが東京では1番のイタリアン
 だと思うよ、パスタが特に最高でさ・・知ってる?」

こんな感じです・・汗

他にも

俺1万この前拾ったんだ→いやいや、俺なんて
5万拾った事あるよ!

この前こんなヒドイ事が・・→そんなのマシ
だよ、俺なんてこの前車に轢かれたんだぜ!

こんな風に「俺の方が凄い」みたいに被せる
会話・・これは最悪ですよね、相手がその話
をしたいのに完全に腰を折られています。
これでは今後も会って話がしたいとは思われ
なくなります・・。

あとは「完全否定、またはすぐに否定」と
言うのも避けるべきですね・・。

例えば話の途中で「いやそれはお前が悪い
でしょ」とか「いやー俺はそう思わないけど
なぁ」と言う風に展開してしまう事です。

よっぽどの事なら別ですが、そうで無い場合
は「ん?」と思っても相手の話が終わるまで
は聞く。否定するにしても相手の部分部分は
認めたり、相手を受け入れる話し方をすると
言うのが自分は大事だと思います。

これを続けていれば相手からは「言うべき
所は言うけど、自分を理解しようといつも
してくれる」と感じられ、人には話しにくい
話題でも話してみようと言う気持ちになると
思います(^^)

もちろん自分も100%この対応が出来る
訳では無いですが、師匠のように「何でも
お話出来る」と言う人間になりたいものです・・。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。