FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは引き続きネット上でも話題になっている
楓涼さんの新教材のレビューを書いて行こうと
思います!

「悪徳の書」
http://www.info-point.jp/15572/30517/


では次は「支配者の信頼を勝ち取るテクニック」
ですね。

これは前項の補足的扱いとなっていますが、上に
立つ者はどうやって多くの部下からの信頼を得て
いるのか・・と言う事ですね。

これをかの名将「織田信長」が使った手法を例に
して説明されています。
この意識があれば恋愛にも色々と活かせますね。


では次は「争う事が男性の魅力を上げる方法」
ですね。

現在は草食系男子と言う言葉が流行っている
ように、あまり争いを起こしたくないと言う
男性が増えています。

しかし企業やスポーツも強力なライバルの存在
によって努力を怠らずに上へ行く努力をします
が、ライバルが存在しなければ意識は上がらない
どころか逆にサボってしまいます。

恋愛も同じでイイ女と言うのは彼氏がいたり、
強力なライバルが周りにいるのは必然・・と言う
事は彼らに勝ってその女性を手に入れなければ
なりません。

そしてもし仮に勝って彼女にしたとしても、そこ
で努力を怠れば他の男性にさらわれてしまうかも
知れません・・イイ女性を手に入れるには競争意識
と言うのが欠かせないのです(汗)


では次は「自然に身を任せていたら確実にモテない」
です。

ここではかの有名な元K-1選手「魔沙斗」が
なぜあそこまで強くなったのか、そしてもう一人
ソフトバンクの代表「孫社長」がなぜあそこまで
頭が良いのか等を例に挙げています。

しかし彼らのようにスペシャルな人間になれる
のはほんの一部・・しかし恋愛においては誰でも
それが出来ます。この説明がここで書かれていま
すね(^^)


次は「印象に残らないのはいなかったも一緒」
です。

合コンや飲み会、お見合いパーティーに参加して
女性側から「あまり印象に残らない」と言う評価
を貰っていたとしたら、それは「いないも同然」
と言う風に考えなければいけません(汗)

ここでは有名な大統領「ジョンFケネディ」が
使った手法などを例に出しながら説明されて
います。

そしてここで「高値戦略」と言う物が登場しま
すが、これは自分と言う存在が女性に出来る限り
高い物であると感じさせる戦略です。

ヒトラーやナポレオンもここは徹底的に重視して
いて、自分を安くは見せませんでした・・が、
実は一般男性は知らず知らずの内に自分を安売り
してしまっているんです。

その典型例がここで書かれていますが、当てはま
る人も多いのでは無いかと思います・・。


では次は「女性を簡単に信用しない」ですね。

これは人を信用するなと言うお話ではなく、特定
の言葉をすぐに使う女性を信用するなと言うお話
です。一例を挙げれば

「初めてこんなに男性を好きになった」

とかですね・・こういう事をすぐに簡単に言う
女性は誠実さがなく、信頼できません・・。
驚くぐらい簡単に別れたり別の男性になびく事
が多いです(汗)

他にも色んなセリフが書かれていますが、こう
いう女性には注意しましょう。

あとその女性が素朴でイイ人かどうかを見極める
のに「○○への○○」を見るのが良いと書かれて
います、これは真理だと僕も思いますね(^^)


次は「悪口はあなたの存在を失墜させます」と
言う項目ですね、ここはかなり重要です。

ここは悪口はダメだから止めましょうと言う単純
なお話ではありません、自分が一言も悪口を言わ
なくても起こってしまう悲劇についてです。

僕も実体験であるのですが、これは本当に怖い
ですよ・・ここはしかと読んで欲しい部分の1つ
です。


では次は「ココを見るだけで女性自身が分かる」
と言う項目ですね。

ここで楓さんが重視するのは「言葉と行動」
ですね。この2つの単語だけでは分からないと
思いますが、説明を見てみると女性のどの部分
を注視するのかがよく分かると思います(^^)


では次は自分が成長をする上で必要な要素に
ついて書かれています。

自分の力でまずはどこまでやるのか・・そして
他人に頼るのはどこなのか、この辺りが重点的
に書かれていますね。

特に注目するのは「誰にどのタイミングで力を
借りるのか」の部分です。
僕もメールサポートをやっていてよく思いますが、
最初から全部逐一質問をして来る人は絶対に恋愛
は成功しないですね・・。

これでは自分の力で何も出来なくなりますし、
僕に聞かないと行動出来なくなると言う悪循環
に陥ります。

あと大事なのは「誰に聞くか?」ですね。
例えばダイエットの相談を友人にしてもあまり
意味はありません、やはりそこは「専門家」に
聞くのが1番です。こういう発想を常日頃から
しておかないといけないんですね。


では次は「飲み会や合コンで印象付けるポジショ
ニングについて」ですね。

先ほどの項目で印象に残らなければいなかったの
と一緒と言うのがありましたが、それを防ぐため
にもこれは覚えた方が良いですね。

つまりはどこに座るのか・・なぜそこなのかなの
を理解するという事です、これは勉強になります。


そして第1章の最後はコラムとして「ナポレオン」
のある面白いお話をされています。

皆さんはナポレオンと言うとどんな絵が浮かび
ますか・・?おそらくは馬に乗って山を登ろう
としている絵のイメージがあると思います。

しかし実はそこには大きな戦略があったんですね・・。


では第1章はここまでです、次回からは第2章に
入ります!!


もうすぐ値上げ・・

「悪徳の書」
http://www.info-point.jp/15572/30517/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。