FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月22日の懇親会&クルーズパーティー計画
ですが、締切は7月19日とさせて頂きます!

おそらく集団でパーティーに行くのは最後に
なりますし、懇親会も今後やるかどうかわかり
ません・・迷っている人は参加しないと必ず
後悔する事になりますよ!

7月22日詳細&お申し込み↓
http://bondsandreliable.blog122.fc2.com/blog-entry-729.html


では今日から「男女共にモテるにはどのような
戦術を取れば良いのか?」について実際に僕が
ここ5年やって来た戦術をご紹介しようと思い
ます。


完全に自慢話のようになって申し訳無いのです
が、例として挙げますと僕は現在何の用も無し
にいつでも電話をかけたり1対1で遊びに誘え
る男性が約50人、女性が約30人ほどいます。


電話だけならまだしも1対1で遊べる人数がこれ
だけいると言うのは恋愛プロをライバルに挙げた
としても現行ではトップクラスだと認識していま
す・・ですので今の人生は非常に充実している
黄金期と言っても良いでしょう(^^)


皆さんもイメージとしてはここまででは無くても
男女共に仲間が多く欲しいと言う願望は必ずある
はずです・・なので今日からはしばらくここに
焦点を当ててお話して行きます。


まず突拍子も無い話から入りますが、男女共に
モテまくると言うのは「最低でも30歳を超え
ないとほぼ無理」と言う法則があります・・。


あくまでこれらのお話は僕個人の観点からなの
で一般論ではありませんが、僕は同世代ばかりの
友人を数十人確保し続けるのは難しいと思って
います。


なぜなら同世代ばかりだと趣味や経済力、生活サ
イクルも似通ってしまい幅がありません・・結局
どの遊びやイベントでも興味が近い友人ばかりに
なるので、最終的には常に遊ぶ友人を数多い中か
ら選んで他は切り捨ててしまう(疎遠になる)事
が多いからなんですね・・。


なので友人を数多く確保すると言う状態と言うの
は=色んな世代の友人を持つと言う事になります。


これは恋愛でも同じで、モテまくるには「色んな
違う世界の女性」との接点が必要です。

同じコミュニティの中・・例えば学校のクラス中
の女性にモテたとします。

しかしこれはモテているとは言うものの、実際に
遊んだりデート出来るのは1人です。なぜなら
その情報が同じ世界の女性に飛び回るからです、
二股なんかかけたらすぐに分かりますし、女性に
よってはライバルに勝てないと思って別男性に
行く事もありますからね・・。


だから「モテる」と言う意味合いでは芸能人とか
は僕は全く羨ましくありません、あれだけ色んな
女性を抱ける権利を持ちながら行使出来るのは
1回だけでしかも大きなリスクがありますからね(汗)


少し話が逸れましたが、以上2つの理由を合わせ
ると「男女とも色んな世代と繋がっていないとダメ」
と言う結論になります。


ですので最初に言った「最低でも30歳以上」と
言う理論が成り立つんです。

やはり23歳の男性が27歳や30歳と言った
年上の男性をいつでも気軽に誘える友人に持つと
言うのは無理がありますよね・・

それと同様に23歳が主導権を握って28歳や
30歳の女性と友人になりまくると言うのも
難しいです、相手も気を使うでしょうし・・。

ですので、やはり人間関係において主導権を握り
やすいのは年上と言うのを考えるとこの理論に
落ち着きます。


そしてこの理論にはもう1つ理由があって、友人
関係や恋愛における重要な要素「尊敬」と言う物
が年上には発生します。


例えば23歳の若者が「人生ってさ・・」とか
「俺は仕事って言うのはこういう事だと思うんだ」
とか語っても「なにこいつ?」と思われるだけで
すよね。

人生経験も足りなければ結果も出していないので
すから当然です・・。


しかし30歳の男性ならば、人格さえきちんとして
いれば「確かにそうかも」と受け入れる可能性が
高いです。いわゆる「言葉の説得力」の違いですね。


更には経済力・・ここも30歳だとある程度の事
は何でも出来る経済力が備わります、なので遊び
の幅がかなり広がるんですよね。


ただ予めお伝えしますが、30歳にならないとダメ
なのはいわゆる「黄金期」であって25歳でも数十人
と言う世間一般から比べれば大規模なコミュニティは
作れるので心配しないで下さい(^^)


では次に「いかに友人作りをしていくのか」に
入ります。

まずは底辺部分・・今現在友人が3人未満だと言う
方向けの戦術ですが

「自分を受け入れてくれる確率が高い男性に会う」

と言うのが1番です。

友人が出来ない1番の理由は「コミュニケーション
能力の不足」が挙げられます。
そしてそうなってしまう大きな理由の1つに「拒否
をされるのが怖い」と言うのがあります・・。


自分が何か言う事で相手を不快にさせてしまうので
は・・このような恐怖が先行してしまうので、人と
話す機会を逸してしまい経験値が不足します。


ですので極論からすると、「今この状態にある」
と言う男性に会えばお互い同じですから仲良くなれ
るはずです(^^)


それの最適な場が「恋愛セミナー」「恋愛系懇親会」
「mixiなどのネットでのオフ会」などになります。


まず最初の2つと言うのはとても簡単な理論で、
そこに参加している全員が女性にモテなくて何とか
したいと苦労してる人です・・つまり自分と全く
同じ存在です。


そんな人が自分を否定するでしょうか?そんな訳は
ありません、一緒に頑張って行きましょうと必ず
仲良くしてくれます。これは断言します。


そしてオフ会も同じです。オフ会と言うのは友人
を作りたいと思う人々が集まっているのですから
初対面の人に対しては「仲良くしよう」「気に入
られたい」と言う思いが男性には必ずあります。

まず最初はここから入ってコミュニケーション
能力を鍛えながら、友人っていいものだと言う
感覚を覚えましょう。これが1番の近道です(^^)


そしてちょうど7月22日に懇親会を行いますの
で、関東近辺とか来れる方は是非来て下さいね↓
http://bondsandreliable.blog122.fc2.com/blog-entry-729.html


ではここからが重要な話になりますが、では友人
関係を維持していくには何が必要なのか・・?
この辺りの「シビアな考え方」をお伝えします。


前々から僕は自分の好感度が下がるのを承知で
言っていますが、友人とか恋愛関係と言うのは
友情や愛情だけで成り立っているのは親子とか
ほんの一部だけです。


逆に大半を占めるのは「メリット」です。
何度でも言いますが他人にメリット(恩恵)を
与えられる人間で無ければ親友を何人も作る事や
恋人を作る事は出来ません。


ではそのメリットにはどのような種類があるのか、
それは以下の物があります。

・性格(会話力、TPOを読むなど)

・ルックス

・知識

・地位(人脈)

・異性やイベント提供

・経済力


などですね。では順に説明しましょう。


まず「性格」これは当たり前ですが

・この人といると楽しい

・この人といると前向きになれる

これも「メリット」ですよね、恋愛では多くの
部分をこれが占めます。

そして友人関係でも大きい影響があって、まず
は全体に受け入れられる「柔和」「温厚」を始め
「励まし」「盛り上げ」「ポジティブ」「積極性」
「希望」「無償提供」「好意の返報」などプラス
の要素が大きければ大きいほど他人に与えるメリ
ットは大になります(^^)


逆に「独裁制」「カリスマ性」「見下ろし(他人の
悪口を言うなど)」「自己中」「無気力」「損得勘定」
などがデメリットになります。こういう人は友人が
少ないでしょう・・。


次にルックスですね。これはもう天性の物が占め
る部分が多いですね・・。

僕みたいなフツメン組でも工夫と努力で80点
ぐらいまでには昇格出来ます、これは断言します。

・・が、90点以上は無理です。これは持って生ま
れた身長、骨格、顔のパーツが無いと作れないです
からね(汗)

そしてルックスには大きなメリットがあって、まず
女性には自尊心を与えます。「こんなイイ男を彼氏
に出来るなんて自慢だわ」と思わせるだけでもデカ
いメリットです。

更には発言力が強くなります、同じ正論でもブチャ
イクが言うのとイケメンが言うのでは説得力が違い
ます・・ので重要要素「尊敬」を勝ち取りやすく
なります。

更には友人関係でも「こいつを呼べば女性が集まる」
と言うメリットがあります。僕が合コンで最低1人
はイケメンを入れる理由もこれです、やっぱりイケ
メンが来るよと言うと言わないでは合コン開催率に
大きな違いがありますからね(汗)


そして今日の最後は「知識」です。

例えば僕と読者さんを密接に繋げる要素の1つが
この「知識」です。

「宮地さんに会えば恋愛の事やmixi実践の事を色々
 聞ける」

これだけでもその人に対してメリットを与えてい
ます。

他にも
「美味しいお店情報をたくさん知っている」
「自分の興味のある分野の知識に長けている」
「広範囲に渡ってどんな話題でも話せる」


などがありますが、これらを自慢する事無く必要
な時だけ使えるようになれば強いです。
昔から「物知り」がモテるのも頷けますが、こう
いう人は精神的にも「頼り」になるんですよね。

例えば初めて海外旅行に行くに当たって、経験者
が一緒にいるかいないか・・もしくは英語を話せる
人が一緒にいるかで安心感は雲泥の差ですよね・・。

ですので英語を話せる人なんて海外旅行好きの人
からしたらたまらない(メリット大な)存在です、
すぐに仲良くなれる事は目に見えていますよね(笑)


では長くなったので今日はここまでにします。
次回からは残りの説明と上級要素「組み合わせ」
についてもお話して行きますので、お楽しみに!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。