FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が住んでいる所は計画停電のグループに入って
いますが、こうして停電になってみるといかに普段
の生活が便利でありがたい物かが身に染みますね・・


しかしながら電気も十分で無く、燃料や食糧も
少ない被災地に比べれば僕らの状況はまだまだ
ありがたい物・・その気持ちを胸に今日も少し
だけ自分の考えを書こうと思います。


今現在は僕の妹や友人にも少し症状が出ている
のですが「自信を無くされている方が多い」と
思います・・。


多くの人が亡くなる様を目の当たりにして


・自分の生きる意味って何なのだろう


・趣味や仕事など今自分がやっている事って何なの
 だろう、人を1人救う事も出来ないじゃないか


・寄付や援助もしたいが、自分の生活が手一杯で
 何もする事が出来ない、情けない・・



このような考えになってしまい、これからの人生
に対しての推進力を失っている人がいます・・。


確かに気持ちは僕も分かります・・ですがこうい
う考えになってしまうと極論ですが「人間も動物
と同じで食べる事と子孫繁栄以外は意味の無い事」
となってしまいます。



もしかしたら絶対無二の真理はそこにあるのかも
知れませんが、そんな事を言っていたら生活が
成り立ちません。


これは僕個人の考え方ですが、人は他の人の為の
歯車の1つであれば良いと思っています。


つまり仕事や趣味、普段の生活を行う事で何かの
需要を呼び込んだり他人に幸せや楽しみを与える
事に繋がる・・この考え方で良いと思うんです。


食べる物や生活に関しての需要があるからスーパー
やコンビニは成り立ちます。


ゴルフと言う趣味の需要があるからゴルフ用品メー
カーやゴルフ雑誌と言う仕事が生まれ、石川遼のよ
うなプロゴルファーは僕達に夢や感動を与える為に
プレーをする事が出来ます。


そして仕事面も同じで、僕達1人1人の仕事が何か
の需要を満たしているのです。需要があるからお金
が生まれる、お金が生まれるから給与を払ってでも
僕達を雇う・・そういう事です、つまり世の中には
何も世間に貢献していない仕事などありえないんです。



そしてもっと大きい意味で言うとそれらは「経済を
回す」事になります、この経済を回す事によって
僕達は豊かになり便利な生活をして来たんです・・


ですから皆さんも自信を失わずに今やれる事を
精一杯して下さい、他人と比較する必要はありま
せん。


人にはそれぞれの手の長さがあります、自分の手
の長さに負えない事は出来る人に任せる・・その
代わり自分の手に負える事は全力でやる、この
スタンスを失わないようにしましょう。



そしてもう一つ大事なのは「他人を否定しない事」
です。


こういう災害が起きた時には必ず他人を非難する
事が多くなります・・例えば


「ユニクロの社長は10億も寄付してるのに、
 なぜ金持ちの○○は寄付しないんだ」


「停電中なのだから電力を消費しまくるパチンコ
 屋はゲーセンは営業自粛をしろ」


「原発は大丈夫なのか、もっと早い対応が出来た
 だろ。何とかしろ」


こういう事ですね・・。


こんな事は僕が言わずともという感じもあります
が、まず寄付と言うのは善意で行う事に間違いは
ありませんが寄付をしない事が悪意と言う事では
ありません。


それに寄付をしたくても出来ない事情と言う物も
ありますからね・・組織とかグループでまとまっ
ている人は色々問題があるものです。



パチンコやゲーセン、風俗等も今は自粛して節電
しろと言うのも気持ちは分からなくもありません。


ですが、営業を自粛する事により大きな損失を
被り、そこに従事している人間や会社が大打撃を
食らいますし下手すれば倒産です・・その保証は
どうなるのでしょう、路頭に迷う一家が続々と
出るのではないでしょうか・・。


それにここだけ営業中止になれば営業をして良い
所とダメな所のラインが難しいですよね、電気が
無ければ商売にならないと言う仕事は無数にあり
ますからね・・ですからこの辺りはそれぞれの
お店で出来る限りの対処や節電をして頂くと言う
しかありません。



そして最後に原発の問題ですが、今回は何しろ
想像をはるかに超える災害だったと言う事と初め
ての事と言う事もあり対処は遅れたかも知れま
せん。


しかしながら最前線ではいつ水素爆発するかも分か
らない、そして人体に影響が出るレベルの放射能を
受けるかも知れないと言うさなかで命をかけて頑張
っている自衛隊員や東電関連の社員さんがいるんです。


文句を言うなら彼らの代わりに最前線に立って作業
しますと言う覚悟が必要です、彼らの奮闘があるか
らまだ原発はギリギリの所で保っているんです。
僕達はもう祈る事しか出来ません・・。



他にもACのCMに苦情が行ったりしてるそうで
すが、他人を非難したり否定するのは止めましょ
う。今は


「自分にやれる事を精一杯やる」


これが大事なのだと思います。



僕が主に今出来る事は節電、寄付、自分の任務の
遂行、周りの人を励ます事・・などです。


今回のブログでも1人だけでも何かしらの勇気
を持って頂けたら幸いです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。