FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは第52弾はこちら!

【デートの誘い方】城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』今モテ




総合評価   94点

作者     城咲仁さん

価格     19800円

ページ数   98ページ&DVD約20分

有効対象者  メルアドを交換した後の対処、デートの誘い方に
           困っている方

実行難易度  多少工夫が要りますが出来ないレベルではありません
          
作者はどんな人?

城咲仁さんに直接お会いしました!

これは収録時間等を考えると相当な期間を城咲
さんもかけて作っている事になりますが

「お遊びでも上から目線でも無く真剣」

にこの教材は作っていますね・・芸能人だから
名前だけでも売れるでしょと言う考え方は一切
ありませんでした(^^)

あと余談ですが城咲さんは世間のイメージとは
違ってとても紳士な方です・・芸能界に転身した
理由や過去の恋愛、結婚観などなどたくさんお聞き
しましたが、とても真面目で爽やかなお人でしたね・・。

ちなみにこれは初回教材の続きの第2弾になります、
初回のレビューはこちら↓
http://bondsandreliable.blog122.fc2.com/blog-entry-479.html


教材の目次

Chapter1 運命の分かれ道!1回目のメール
Chapter2 メールで自然消滅しない秘訣とは?
Chapter3 メールから電話に昇格しよう!
Chapter4 正しいデートの誘い方
Chapter5 デートに断られた!次に繋げる対処法
Chapter6 どんな女性でも必ず満足させられるデートプラン
Chapter7 デートに漕ぎつけるまでのプロセス



宮地海のレビュー


はい、いよいよ僕も楽しみにしていた城咲仁さんの
第2弾教材がリリースされましたね。


前回は5人の女性とメルアドを交換する所までやりま
したが、今回はそこからどうやってメールを送って
デートに漕ぎつけるかと言う内容になっています(^^)


まず最初は第1弾のおさらいですね、勿論詳細には
書いていませんので女性の連絡先が交換出来ないと
言う方は初回の方をご購入された方が良いと思います。


では本題に入りますが、メルアドや連絡先を交換した
後に「どのタイミングで1通目のメールを送るか?」
から説明が始まります。


これは交換した後の○○○が良いそうですね、逆に
絶対やってはいけないのが○○○○○○する事です。
これは確かにダメですね・・。


そして送る時間帯ですが、これは初回のテクニックで
あった○○○○で聞き出しているはずなのでその時間
に送るのがベストです。



では次に「メールの内容」ですね、これは結構迷う方
が多いと思います・・僕もたまに迷います(汗)


そこで今回は城咲さんがテンプレートを用意してくれ
ています、まず題名は○○にします・・そして最初の
1文に必ず○○の○○○を書いておくんですね(^^)


そして次に彼女と○○した時の○○○○○○を入れる
んですね、これを入れとかないともしかしたら○○が
○○○○○○ので効果的だと思います。


この3つのポイントを押さえてメールをすれば彼女側
からは安心できる人だと言う信用を貰えるので、結果
返信率も高まると言う構図になっています。


そして最後に文章量ですが、これは○行から○行が
ベストの用です。僕もそう思いますね(^^)


そして次のページに城咲さんが実際に使った事がある
4つのメールテンプレートが登場するので参考になる
方も多いと思います。



次はメールの「絵文字」についてですね。

これは必ず絵文字は○個にしておくのが良いようです、
多すぎてもチャラいですし少なくても寂しいと言う事
なんですね。

ただし○○○○や○○と言った絵文字は使ってはいけ
ないんですね・・。



次は「彼女からの返信で分かる本音」についてですね。


このテンプレ通りにメールを送れば1通は高確率で
お返事が来ると思いますが、その際に○○○○○○○
と言う言葉が入っていると彼女に一線を引かれている
そうです(汗)


なのでこういうメールに対してすぐに「2人で遊ぼう」
などと言ってはいけないんですね・・。


そういう場合は少し切り口や攻め方を変えて○○の○
○を○○○○するという方向で行きます、こうして徐々
に彼女との距離を縮めて行くんですね(^^)



では次は「彼女への返信は即レスか焦らすべきか?」
に入ります。


これは城咲さんの友人の実際にあったお話を例にして
いるのですが、絶対○○○○○なんですね・・これは
なぜかと言うと○○○○○の時は○○○○○だからな
んですね、納得です。


しかしこれも○○○○が大事なので、常に念頭に置い
ておく必要があると思います。



では次は「2回目のメールはいつどんな内容で送るの
か?」に入ります。


まずいつ送るかですが、これは○○○○が良いそうで
す。これは間違いないでしょう。


そして内容としては初回教材で使った○○○○で分か
っている○○○の話を展開させます。その際の題名は
○○○○○○を入れておくと良いんですね(^^)


そしてここでの目的は彼女の○○○○○を○○○こと
なんですね、いきなりデートでは無くてほぐして行く
段階になります。


更にはチャンスがあれば○○の○○○○などで彼女
に会う口実を得る事も出来ますね。


ここで1つクエスチョンが登場して「メールには質問
を入れるかどうか?」と言うテーマが出てくるのです
が、これは城咲さん曰く○○○○○○○と言う事なん
ですね。


確かにこうしておかないと彼女が返信を義務と思って
しまいしんどくなりますからね・・なので○○○○の
○○○を心がける事が大事になります。この辺は経験
を重ねて行くと上手くなると思いますよ(^^)



そしてもう一つユニークなテクニックがあるのですが
メールで緊張してしまう人・・これって意外に多いと
思います、特に相手が美人であればあるほどそうだと
思います。


しかし緊張しながらメールを打つと城咲さん曰く文面
が堅くなってしまいがちなんですよね・・なのでここ
はリラックスする為にも○○を○○○○ながらメール
すると良いそうです(笑)


でも意外にこれは効果があると思いますよ、そして余談
ですが彼女に電話をする時も○○○○○でかけたりと
か部屋に少し音楽を流しながらが良いそうですね。
これは僕も次回取り入れてみようと思います(^^)



次は「メールの頻度」ですね、これも悩む人は多いか
と思います。毎日メールしたらウザく思われないかな
とか、空きすぎると適当と思われそうだし・・と言う
のはありますよね。


これは城咲さん的にはそう考えるのでは無くて、例え
○○○○○で○○○は○○○。そして文章が少し堅い
し壁があるなぁと思う女性ほど○○○○○○と言う事
なんですね。


これは結構画期的な考え方だと思いますが、理由を言わ
れてみればなるほどと思いますね・・さすが元ホストの
カリスマです(^^)



次は「好かれるメール、嫌われるメール」ですね。


ここでは城咲さんが良い例と悪い例を出して比較説明
をされています、最初のポイントは○○○ですね・・
これを感じさせないようにするのが大事です。


他にも○○が○○○と言った物や頼まれてもいない○○
等を題材にするのもダメなんですね、これは結構失敗
してる男性の方も多いかと思います(汗)


更にここでは6つの例が出ていますので、きっちり読ん
で頭に入れたい所ですね。



次は「彼女のテンションが上がる写メ、下がる写メ」
ですね。


まず最悪なのは自分の顔写真ですね・・これはダメで
す(汗)

そして彼女が「○○・・?」となる物もダメですね、
実際に城咲さんの知り合いの女性がそういうメールを
受け取ったそうですが、ヒドイですねこれは・・。


ではどういう写メが良いのかと言うと彼女の○○を
○○しておいて、○○で○○○○○○とかを送ると
良いんですね。

こういうのは女性は喜ぶと思いますので、いつでも
○○では注意を払っておく事が大事になります。




次は「彼女から返信が来なくなる理由」についてです。


ただし城咲さん曰く1回や2回返信が来ないだけで
焦る必要はないとの事です、女性は気まぐれですから
こういう事って多いんですよね。


なのでそこは逆に彼女に○○○○○○ようなメールを
1回だけ送るんですね・・もしくは第1弾で聞いた物
をおさらいしたメールを送ります(^^)


これをきっちりやった上でなおダメだったらもうその
女性は脈が無いとの事です、ですので見切りを早くし
過ぎないようにするのが肝要ですね。



では次は「女性に電話するベストタイミングとは?」
ですね。


これは城咲さんは2つのパターンに分けているので
すが、やりやすいのは1番目の○○○に○○○○○
して電話すると言う方法ですね。


これが1番自然ですし初心者の方にも実行しやすい
と思います(^^)


そしてもう一つは彼女が電話に出る時間をあらかじめ
リサーチしておく方法ですね、ただしそうとは言って
も仕事は何時に終わるの?とかは聞いてはいけません、
これでは彼女も身構えますからね・・。


そうでは無くて「○○○○○○○?」と言う風に聞い
ておくんですね、この方が良いようです。


そして電話をした時は必ず第一声に○○○○○と言う
事ですね、これは基本事項ですよ。



次は応用で「メールで電話の約束をしたい時は?」
に入ります。


この場合は○○○○○と言うのを確認しておいて
約束を取り付けるのですが、その際に「ちょっと
話したいことがあるから、後で電話をしても良い
ですか?」みたいな重い文章を送るのはダメです(汗)


そうでは無くて「○○○○○○」こういうセリフの
方が良いですね。


そして最後には城咲さんのメール例が載っています
ので、これを参考に約束を取り付けると楽だと思い
ます。



次は少し高等テクニックですが「恋人の雰囲気が
作れる電話の時間帯」ですね。


それはズバリ○○○の○○○なんですね、これは少し
難しいと思いますが○○○○○の優しさを見せつつ
会話が出来ると相当良いと思います(^^)



次は「電話しても留守電になってしまった時は・・」
ですね。


まだそれほどの仲で無い女性に留守電を入れるかど
うかと言うのは相当迷いますが、ここは○○が○○
○○○○が○○○ように○○のが重要になります。


ただしこの場合も前に出てきたテクニックを使って
○○○○○にする事・・こうしておけば大丈夫です。



次は「デートに誘うまでの期間」ですね。


これは城咲さん曰く○○○までが良いそうです、
これは僕も全く同意見ですね。なぜなら○○○は
○○○で○○○です(汗)


ただしデートに誘う時に「デートしよう」という
言葉は使ってはいけません、余計なプレッシャー
を女性に与えるのは無用ですからね。



次は「徐々に効いてくるジャブデートとは?」です
ね。


これはなかなか本番デートには誘いにくいなぁと
思う女性に対するテクニックで、こちらから○○
○○○○と言う意思表示をして軽いデートに誘う
んですね。


これはいわゆる○○○○○○○○と言うテクです
ね、ですので事前に○○に行ける○○○をリサーチ
する必要があるでしょう(^^)



次は「デートに誘っても良いサインがあるメール」
ですね。


これは彼女からのメールで○○○があったり、○○
○○○○○なメールが来た時がサインになります。


ただしメールで約束は取り付けないと言う事が大事
です、必ず上記にあったような電話で取りに行くべ
きですね。



次は「多くの男性がやってしまう間違ったデートの
誘い方」ですね。


これは唐突に「今度の休みに○○行こうよ」と言う
のでは無く、○○○○○○?と言うような言い方が
良いそうです。


ここでのポイントは彼女に「断ると悪いな」と思わ
せる事ですね、そして誘うタイミングとして城咲さん
のベストタイミングは○○の○○○の時間帯だそうで
すね。これで彼女との距離感が測れるようです。


そしてここでの最後はメールでデートを取りに行く
場合のテンプレートが4つ書かれていますね。



次は「どの曜日にデートを誘うのか?」についてで
すね。


このポイントとしては彼女が○○○○○○所を狙う
のがベストのようです、結構下心があったりすると
その日を選んでしまうのですが女性心理を考えると
○○○○の○○がベストなんですね(^^)


そしてこれを利用して女性をデートに誘う
「必殺の台詞」と言う物が登場します。


これをサラリと言えればカッコイイので、デートに
誘う時は是非このフレーズを覚えておいて下さい。



次は「どこでデートをするのが最適か?」について
書かれています。


まず避けないといけないのは○○の○○○でのデート
ですね、これは○○の○○○○○ので女性が引いたり
冷めてしまう可能性が高くなってしまいます。


そして自分の恋愛レベルにもよりますが○○○に行く
のも面白いようですね、僕にはこの発想が無かったの
でちょっと斬新な意見だと思います(^^)



次は城咲流「メールからデートまでの黄金法則」ですね。


ここでは女性のスケジュールをおおよそ測る為にわざ
と○○○と言う期限でデートに誘いに行きます。


そしてその際は彼女が断りを入れにくいダブルバイン
ドを使った聞き方が良いですね(^^)


そして○○○の期間が女性のスケジュールで埋まって
いる時は逆に○○は○○○○メールを送ったり、○○
おきに気を使ったメールを送って女性のテンションを
維持させるんですね・・これは上手いと思います。


そして最後は女性が逃げられない○○○○○と言う
決め台詞でメールを送るんですね・・こうしておく
と少し期間が先のデートも難なくこなせると思います。




では次は「デートを断られた場合」のケースですね。


これはまず本気のNOなのか、それとも単純に時間が
無くてNOなのかを判断する必要があります。


その見分け方はずばりメールに○○○○があるかどう
かですね、○○○○がある場合はまだダメなので一歩
下がって○○○○○○から攻め直す必要があります。


ですがここで「ダメなんだ・・」とあっさり引き下が
っていてはいけませんのでご注意を・・男には多少の
粘りも必要です(^^)



次は「女性がデートを断る本当の理由とは?」ですね。


これは城咲さんが2つの理由に絞っているのですが、
後者の理由の場合はまだ脈が残っているのでここの
判断を間違わないようにと言う事が書かれています。



次は「1対1のデートじゃなくてもアピールできる
方法とは?」ですね。


この場合はまず友人がいると言う事が前提になります
が、○○○○○なんかは男気が最大限にアピール出来る
場であると城咲さんは仰っています(^^)


しかし女性によっては○○○○○が苦手と言う子もい
るので○○○や○○○などの複数でも○○出来る場所
に誘うのが良いそうです。ただ裏を返せばそういう場所
を知って無いといけないのでリサーチは大切ですね。



次は「デートにドタキャンされる人の共通点とは?」
ですね、実はこれには理由があるんですね・・。


それは事前に○○○○○○○してしまう事です、これ
は僕も興味津津で読んでいましたが確かに言われてみ
ればそうかも知れません・・城咲さんの着眼点は凄い
ですね(汗)


そしてそれ以外ではある程度○○○○○である事を
うざくない程度に彼女に伝えておく事ですね、これも
大事だと思います。


ですがこれらに気を付けていても大した理由なく
ドタキャンされたらもうその子は放っておいても
良いですね、付き合ってもこの先同じように振り回
されるだけです・・。



次は「デートの必勝法則」ですね。


これも事前のリサーチが必須ですが常に○○を女性に
選ばせる形を取るのが良いですね、僕もこれはかなり
意識に入れています。


つまりは時間帯別に○○の○○を○○しておいて、
○○○が○○した所でさりげなく○○の○○をすると
言う事です・・これならばほぼデートで失敗する事は
無いでしょう。


何でも独りよがりになってはいけないと言う事ですね・・(汗)



次は「エスコートを勘違いしてませんか?」と言う
説明ですね。


我々はエスコートと言うと彼女をグイグイ男らしく
引っ張ったりする事だと思いがちですが、実はそう
では無いんですね・・。


例えば1つの例を挙げれば「会話」これもエスコート
が必要な要素なんですね・・女性にしても全員がお話
が得意とは限らないので、例えば


「私は甘いのが苦手なんです・・」


と言った台詞が出た時にすかさず「○○○○○?」
と切り返して会話を楽しく進ませると言うようなある
意味「奉仕の精神」を持つ事がエスコートなんですね。


そう考えるとホストの皆さんは毎日こういう事をやっ
ているんですよね、凄いです(汗)



次は「2つのポイントに配慮すると、デートにOK
がもらえる」と言う説明ですね。


これは上でも出てきた○○○という要素と実はもう
一つ○○○と言うポイントがあるんですね・・。


女性は基本○○○○○○と言う考えがあるのですが、
もしかしたら○○○○○と言うのを考慮するので
○○○○○などはOKが貰いにくい場所と言う事に
なるんですね。


しかし、かと言って○○○○とかが良いのかというと
それも違うので、ちょうど○○の所を選ぶようにしま
しょう。例で言うと○○○○な○○○が女性が1番
応じやすい場所のようです(^^)




そして次は最終チャプターに入ります、最初に城咲
さんが良い事を仰っているのですが「女性も緊張して
いる」んですよね・・。


ついついメールやデートに誘うと言うのは男ばっかり
がソワソワしてると思いがちですが。そんな事はあり
ません・・


それに良いメールを打てば相手も喜んでいますし、
デートに誘われれば基本的には嬉しい物です。女性
も感情が動いていますので男ばっかりが苦労してい
る訳ではありませんよ(^^)



次に「脈アリ」かどうかを見分ける方法ですが、これ
は出会い方にもよるのですが○○○に○○○するのが
1番早いんですね・・これは当然の選択だと思います
が意外に皆さんやってないですね。




次は「女の子を前にすると緊張して素が出せない・・」
と言う人へのアドバイスですね、こういう人も多いと
思います。


しかし城咲さん曰く「大人なのだから○○○○○○
は当たり前」と言う風に仰っています。むしろ○○○
○で良いんですね(^^)


更に逆に言えばちょっと○○○○○○ぐらいでOK
なんだそうです、これを聞くと気楽になれますね・・。



次は今流行りの草食系男子が考えがちな「相手から
誘って貰うにはどうすればいいか?」と言う疑問に
ついて城咲さんが答えています。


でも結論としては「そこは男が頑張ろう!」と言う事
なんですね(^^)


なぜなら女性が誘おうと思ったら最大の壁は○○○○
○○と言う事なんです、このように○○○○○○のは
良く無いので、そういう意味でも男性が誘うべきなん
ですね。



そして次は「積極的になれない男子」に向けて城咲さん
が一言お話していますが、○○○すると○○○○○かも
知れないと言う危機感を持って下さいと仰っています。


これは僕も全く同意見で何度も読者さんにお話してい
るのですが、この意識付けと言うのは非常に大事なの
で頭に叩き込んでおいて欲しいですね・・(汗)



以上がテキスト部分になります。



では次に約20分の城咲さんの映像DVDのレビュー
に移りますが、8割方はテキストに書いてある事と
同じです。


ただし第一弾の時にも申し上げましたが、それプラス
城咲さんの話し方、目線の使い方、ボディランゲージ
は必ず参考にして真似するようにして下さい(^^)


これをやるだけでも自信がみなぎる男性としての
雰囲気が少しずつ付くと思います。


そしてテキスト以外のお話では「誕生日やクリスマ
スと言った大型イベントの扱い」についてですね。


これは○○○○○で○○○な時は○○○○に○○○
すると言う事なんですね・・特に○が○○場合は
確実にそうするべきだと思います。


やはり女性にとってはそういう日って特別なので、
こちらもそれなりの対応をしないといけないんで
すね・・。


それから最初のメールは敬語かタメ語かと言う質問
ですね・・

これは城咲さんの造語ですが○○○○○○○と言う
文面を用いるべきなんですね、特に年下の女性には
この方法が僕も良いと思いますよ(^^)



最後は女性に断られたり上手く行かなかった時の
気持ちの切り替えとして、経験値を得たり○○の
貯金をしているんだと言う意識を持つ事が大事な
んですね。


○○の貯金と考えれば変に女性への攻撃感情と言う
のは無くなりますし、フラれた訳では無いと割り切る
事も出来ます(^^)


正直城咲さんも何百回とデートは断られているそう
ですが、常に前向きでいられるのはそういう考え方が
根幹にあるからなんですね・・。




■総評


意外にこれは「ニッチな分野の教材だな」と言う印象
が強かったですね、でも逆に言えばパーティーや合コ
ンでメルアドをゲットした後にどう対処したら良いか
迷っている方は多いと思うので、ニーズは大きいと
思います。


あとは女性をデートに誘うためのリサーチや計画と
言う物が必要なので、行動力が伴わないとダメでしょ
うね・・


この教材は


・パーティーや合コンでアドレスを交換した後でいつ
 も苦戦をしている

・デートプランが上手く立てられず失敗が多い

・ファーストデートの上手な誘い方やいつ誘うのか
 等の戦術が知りたい方

・知り合ったばかりの女性とのメールの上手な繋ぎ方
 が知りたい

・初回のを購入済みの方



に向いていると思います。この教材はあくまでメル
アドを交換したばかりの微妙な距離感を縮めてデート
に誘うまでの物なので、デート中の具体的なテクニック
等を知りたい方にはまだ早いと思います。


サポートは前回同様スタッフさんが城咲さんに意見
を聞きながらしてくれるそうです、ただし価格は
やはり芸能人とのタイアップと言う事で高いです(汗)


以上宮地海のレビューでした!!

【デートの誘い方】城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』今モテ




このページ内のリンクからご購入下さった方には「自動的」に
購入特典が付いています! 詳細はこちら↓


特典↓↓
http://bondsandreliable.blog122.fc2.com/blog-category-8.html



なお城咲さんの第1弾教材のレビューはこちらになります↓
http://bondsandreliable.blog122.fc2.com/blog-entry-479.html

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。