FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい、それでは今日は質問スキルの3つ目
「興味」からレビューに入ろうと思います。


やはり女性との会話においてはテクニック
だけでは無くて、何の話題を振るか・・
つまりは女性が興味をそそられるテーマを
知っておくというのは大事な事です。



黒羽根さんの場合はそのテーマを4つに
絞っていますね、それは


・お笑い番組

・○○○○

・映画

・○○○



となっていまして、その中でもお笑いなら
この番組、○○○は朝の○○○など細かいジャンル
指定をされています。


特に4つ目のジャンルは世の男性のほとんど
が詳しく無い物ですので、これを覚えておく
と他人と差を付ける事が出来ると思います。


そしてその4つの沿った会話例が続々と登場
します、会話の流れが止まった時にこの一連
の話が出来るようになればスムーズな女性と
の会話が形成できるでしょう(^^)



次は質問スキルの4つ目で「悪者」の説明に
入ります。

これはわざと女性を悪者に仕立て上げるトーク
の流れを作り、女性を楽しませたり他の男性
とは違う印象を与えるスキルになります。


ここでは2パターンの会話例が載っています
が、使いやすいのは1つめの○○ネタの方で
しょうね。こういうトークを1日1回位挟め
ると非常に便利だと思います。



次は質問スキルの5つ目で「○○」に入ります。

これは主に自分の価値を高めて女性に男とし
ての魅力を感じさせるスキルですね、この辺
は初心者の方に特に見習ってほしい部分です。


やり方はそれほど難しく無く、ある程度ペース
を握った所で「○○な○○」と言う情報を女性側
に与えるだけです・・これで女性側に自分と
会いたいな、遊びたいなと言う気持ちを増幅
させる事が出来るでしょう。



次は質問パターンその6で「依頼」ですね、
これは僕もよく使うスキルです。


依頼と言うのは黒羽根さんも仰っているので
すが、依頼する人が「上」依頼される方が
「下」になると言う特性があります。


更には要求に応えようとする行為そのものが
相手を価値の高い物に見てしまう傾向がある
ので、それを利用して男女の立場の差をつけ
ます。


ただし何でもかんでも依頼をするようでは
単なる頼りない男になってしまうので、この
辺りは戦略が必要ですが黒羽根さんの説明通り
に実践すれば大丈夫でしょう。


ここでも会話例が幾つも出るのですが、ポイ
ントは依頼をきちんとこなした女性に対して
○○○○○○○○事ですね・・ここでの対応がこの
スキルの肝になるので覚えておきたい所です。



次は質問スキルのその7で「禁止」に入ります。


これは女性の思惑を外す事で自分の価値を高め
る方法ですね。

人間と言うのは見ちゃダメ、聞いちゃダメと
言われると逆に見たくなったり聞きたくなった
りしますよね?その特性を使います。


使い所としては女性からの「○○○○○○」の時で
すね、ここならば冗談交じりのトークが出来る
のでチャンスだと思います(^^)



次はスキルその8で「遮断」ですね、これは
会話や局面を盛り上げておいてから急にシャ
ットアウトさせるテクニックになります。


黒羽根さんの会話例では2つ登場するので
すが、特に2つ目のファーストデートの時の
例は皆さんにも是非使って貰いたいテクで
すね。


少し悪い男と言うのはこういうテクニック
をよく使っています、Sっ気を出すには
持ってこいの戦略だと言えるでしょう(^^)



次は質問スキル9の「発見」ですね。


これは主に2回目以降に会う女性に使うテク
ニックなのですが、機械的に「○○○○○」と
いう台詞を全ての女性に言う癖を付ける事が
大事なんですね・・。


ポイントとしては会話例でも出ているのです
が、女性がどういう返事を出そうと対応が
出来てしまうと言う所ですね。

こういうフォローのある会話例は覚えておく
だけでいつでも使えるので便利ですよね。



そして最後の質問スキルは「子供」ですね。
とは言っても別に子供を対象にした物では
ありません。


これは今までの強気な会話を踏まえてから
のテクニックになります、いわゆるギャッ
プと言う事ですが・・でも子供っぽい所を
見せるのって難しいですよね・・。


ですがそこも黒羽根さんの会話例を参考に
すれば大丈夫だと思います、この例に出てる
シチュエーションと言うのは結構登場する
機会が多いですからね(^^)



以上が会話の基本の1番目「質問」のスキル
になりますね、たくさん出てきましたがこれ
を全て覚えれば会話のバリエーションは3倍
以上になると思いますよ。



では次回は会話の基本の2番目「語りのスキル」
からレビューに入ります、ここが88ページ
なのでちょうど半分ですね♪


女を夢中にさせる会話術 -The Power Word-



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。