FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ではアキラとの出会いについて書いていきます。



「旅・・?」


「あぁ・・俺はまだ大阪を出た事が無かったん
 や、せやから若い内に色んな所を旅して見聞
 を広めようと思ってな」


「へぇ~、凄いな・・アキラは今いくつなん?」


「ん?俺は今年で21やで」


「21!?じゃあ俺と一緒やん!」


「ホンマか??カイは俺よりえらい年上に見え
 たけどな~」


(そりゃこっちのセリフだ・・どこにこんないか
 つい21がおんねん・・)


「奇遇な事もあるもんやな~」


「カイはこの後時間あるんか??」


「ああ・・あるよ」


「よし!ほなちょっと飲みにでも行こうや、嫌と
 は言わせへんで」


「はは、望む所や(笑)」



2人は居酒屋へ向かう・・



つい10分前までは何の接点も無かった昭和54
年組・・



道行く人もまさかこの仲の良さそうな関西弁の2人
がさっき出会ったばかりの友達とは想像だにしない
だろう



見慣れた同じ道、同じ景色のはずなのに一人で歩
くそれとは全く違ったものに見えるのだから不思
議なものだ・・



街を彩るネオンはまるで俺の心を表しているかの
ように闇を明るく照らしていた



俺はこの不思議な魅力を持った男・・アキラとは
何となくこの先長い付き合いになる予感がしてい
たような気がする



・・もっともそれに気づくのはもう少し先の話で
はあるのだが・・



「カンパ~イ!!」



二人はビールを片手に乾杯を交わす・・



「クゥ~美味いなぁ」


「いや~しかし電車でのカイの最初のセリフは
 ビビったな~」


「何の事や・・?」


「何俺の女に手ぇ出してくれとんのや!ってか、
 俺の女なんてよう言うたもんやで、全然知らん
 お嬢ちゃんやったのに(笑)」


「いや、あぁ言うた方が相手もビビるかなと思っ
 てな・・」


「なるほどな~、まぁでも惜しい事したな、上手
 く行けばお嬢ちゃんと仲良くなれたかも知れん
 のに(笑)」


「いや~俺は女子高生みたいな子供には興味無い
 よ・・制服だけは可愛いけどな(笑)」


「確かにそれは言える」



「ハハハ(二人爆笑)」



「カイは今は何やってるんや?プータローか?」


「あぁ、今の所はそうやな・・これからお店を開こ
 うとは思ってるんやけど・・」


「店!?何や、怪しい店でもやるんか??」


「何で怪しい店やねん(笑)」


「いや~何となくカイは真っ当な道を歩いてない
 気がしてな」


「どんな何となくやねん(汗)」


「どんな店をやるんや?」


「あぁ、麻雀の店をやろうと思ってな・・と言って
 もお金を賭けない、タバコも酒も無しの店なんや」


「へ~、そら健康的な店やな~」


「でもなかなか物件が見つからへんねん・・若いと
 思ってまともに紹介もしてくれへんわ」


「そうなんか・・でもその若さで店をやろうっちゅ
 うのはやるもんやな~」


「いやそんな事あらへんよ、俺には学もあらへんし
 他の選択肢が無いからな・・それに元々俺はサラ
 リーマンがあんま好きやないからな」


「ほ~、何でや?」


「俺は頑張ったら頑張っただけお金が貰える方が
 良いねん、サラリーマンやとある程度年数かけ
 ないと給料も上がらんやろ・・それに・・」


「それに・・?」


「上下関係とかあるし、楽しんで仕事が出来ない
 と思うんや」


「なるほどな~、まぁ確かに仕事は楽しくないと
 意味無いからな、俺も同感やわ」



「アキラは見聞を広めるために旅をしてるって言っ
 てたけど・・大学は行ってへんのか?」


「あぁ一応行ってるよ、今は休みやからな」


「あ、そうか・・将来は何になるん?」


「そうやな・・具体的な仕事は決めてへんけど俺に
 は夢があるんや」



「夢・・?」



「あぁ、俺の夢はな・・」



後編へ続く・・


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。