FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さぁ、レナさんの所へ一緒に行きましょう・・」


「・・分かりました・・」



僕はレナの母親に手を差し伸べ一緒に病院の方向
へ歩き出す・・



「・・もうユウナさんにはお会いしたんですか?」


「・・いいえ・・」


「・・そうですか・・」




後日になって分かった事だったが、レナの母親・・
名は洋子さんと言うそうだが、洋子さんは娘達の
前から姿を消した後も罪悪感からユウナさんのお
見舞いに度々訪れていたようだ・・



更には治療費のお金も振り込んでいたらしい・・
レナも同時にユウナの為に頑張っている事は知ら
されていたようだが、レナには内密にと病院側に
伝えていたとの事だった・・




・・ほどなくして病院の入り口が近づく・・



「あ・・」



見るとレナが辺りをキョロキョロしながら外に出
てくるのが見えた・・おそらく面会を終えた後に
ロビーにいなかった僕を探しに来たのだろう・・



その姿を確認したのか母親・・洋子さんが僕の背
中に隠れるように身を縮こませた・・



「レナさん!」



僕はキョロキョロしていたレナに声をかける・・


そして僕の姿を確認したレナがこちらにやって来る・・




「カイちゃんどこ行ってたの・・?」


「あ・・実は・・」



僕は腕で促し洋子さんをレナの前に出させる・・



するとただでさえ大きなレナの瞳が更に大きく
見開いた・・




「・・お・・ぉ母・・さん・・?」




「・・レナ・・うぅ・・」




「お母さん!!」




レナは洋子さんの胸に飛び込む・・洋子さんも涙
を流しながら受け止めた・・




「・・どこに行ってたの・・ずっと会いたかった
 んだよ・・」



「ごめんね・・ごめんねレナ・・」



2人とも涙を流しながら抱き合っていた・・



ドラマでも映画でも無く、現実としてこのような
再会を間近で見ようとは夢にも思わなかった・・



涙は・・人の感情を揺さぶる・・僕も不覚にも涙
が溢れていた・・




この数年レナは1人で厳しい世界を生き抜き耐え
てきた・・しかしユウナさんと言う唯一の繋がり
を断たれ、生きる意味を失いかけていた・・



だがいなくなってしまったと思われた母親にこの
タイミングで出会えた事はレナの人生そのものを
救う事になるのでは無いか・・いやそうなってほ
しい・・



・・少し落ち着いた所で僕が切り出す・・



「・・レナさん、積もる話もあると思いますが、
 お母さんはまだユウナさんにお会いしてない
 そうです、もう一度一緒に戻ってはいかがで
 すか・・?」


「ぉ母さん・・まだユウナに会ってなぃの?」


「・・うん・・」


「じゃぁ一緒に行こ、ユウナもきっと待ってる・・」




レナは蒸発していた洋子さんに怒る事も問い詰め
る事もせず優しい言葉と対応を見せている・・



やはり洋子さんの心配は杞憂だったようだ・・そ
もそもレナは人に対して恨んだり根に持つような
事はしない人だ・・それは1番僕が分かっている・・




こうして僕達は再び病院内に戻る事になった・・



(続きは次回♪)


↓↓続きが気になる方は是非応援クリックをお願い致します!





banner

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。