FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすっかり慣れたレナのお迎え・・


しかし今日ほど第一声に何の言葉をかけるか迷った
日は無い・・。



(普通に行くべきか・・それとも何か力になれる言葉
 をかけた方が良いのか・・)


結局結論が出ないままいつもの場所に到着する・・考え
ても仕方が無い、いつも通りに行こうと心に決めてレナ
の前に進み出したが・・



「カィちゃーん、お腹が空ぃたよー♪」



ズコっ・・な、なんだ、いつもと変わりが無いのでは・・



「早く早くぅ、ラーメン食べようよー♪」


「あ、は、はい・・」



レナはいつものようにしっかりと僕と手を繋ぎながら
歩き出す・・



(あれ、社長はレナさんに言って無いのか・・?)



その後もレナに変わった様子は無く、いつもの感じで
ラーメンを平らげる・・



「カィちゃん、どうしたの・・?」


「・・え?」


「ずっとレナの事見てるょ?」


「え、あ、何でも無いですよ・・僕のチャーシュー
 食べますか??」


「ぅん、食べるー♪」



いかんいかん、ついついぼけっとレナさんの目を見て
いたようだ・・考え過ぎなのかな・・。



「ぉ腹いっぱぃだねー、じゃあ帰ろ♪」



いつもと同じような無邪気な笑顔で僕に話しかける・・
本当にあれだけの過酷な過去を背負っても元気でや
っているレナさんは本当に凄いと思う・・僕も見習わ
なくては・・。



程なくして家に着き、いつものようにレナがシャワー
を浴びに・・と思ったのだが・・



「カィちゃん・・今日はちょっとお話しよぅよ」


「え・・あ・・」



見るとレナの手には例のアルバムが乗っている・・



「社長さんから・・聞ぃたんだよね・・」


「あ、はい・・(やっぱり社長は言ってたんだ)」



「レナもどぅしようか悩んだんだけど・・今日のカィ
 ちゃんの目を見てると・・やっぱり話しておかなぃ
 といけなぃと思って・・」


「僕の目・・?」


「ぅん・・カイちゃんは優しぃから・・レナを元気
 付けよぅとしてるのが分かるから・・」



図星を突かれて僕はドキッとした・・レナは時々こ
のように真面目な感じになる時があるのだが、洞察
力と言うか観察力と言うか・・その辺りが他人より
ずば抜けている感じがする・・。



「でもレナには気を使って欲しく無ぃの・・いつも
 通りに・・だから・・」


「・・すみません・・」



レナはアルバムを机に開き、僕の隣に座る・・



「レナね・・最初にカィちゃんに会った時にビックリ
 したんだ・・」



「ビックリ・・?」



「カィちゃんは覚えてる・・?最初に・・」


(続きは次回♪)


続きが気になる方は応援クリックお願い致します!↓

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。