FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕はレナを見送ると早速社長の青木さんに電話をかけ
てみた・・


「もしもし・・すみませんカイですが今大丈夫ですか?」


「おぉカイ君か・・どうしたんだい??」



「いえ実はお話したい事がありまして・・青木さんの都合
 の良い時で構いませんのでお時間取れないでしょうか?」


「あぁそれは構わないが・・レナと何かあったのかい?」


「いえ何も無いのですが・・そのレナについて少しお話が・・」


「・・」


少し沈黙が流れる・・


「・・分かった、では明日の夕方なら構わないよ、18時で
 どうかな?レナが上がる時間まで話そうか」


「すみません、ありがとうございます、では16時に事務所
 へ伺います」



こうして電話を切る・・


フー、ちょっと緊張したな・・少し沈黙があったのが
気になったけど・・



少しソファに横になって目を閉じながら明日聞くべき
事の整理を行う。


レナの双子と思われるユウナ・・そして手紙の事・・
両親の事・・この仕事に飛び込んだ経緯・・


聞きたい事はたくさんある、しかしいかに僕と親交の
ある青木さんと言えども答えてくれるかどうかは分か
らない・・


でも1度だけ聞いてみよう、もし拒絶されたら触れて
はいけない事として全て自分の胸の中にしまっておく
だけにしよう・・



・・少し喉が渇いた、水でも飲もうかと立ち上がった
時にインターフォンが鳴り響く


「あ、もう来たのか・・」


僕は慌てて財布を取り出し玄関へ飛び出す


「毎度ー!」


元気の良い店員さんだ、料理を受け取って代金を支払う


レナはまだ出てないようだ・・僕はバスルームに向か
って声をかける。


「レナさん、料理が来ましたよー」


「えぇ!?じゃぁ急ぃで行くー!」


しばらくしてドタドタと慌ててレナが出てくる・・



「ごはんごはん♪」


「あ、レナさん、もうチャーハンと餃子は分けておき・・
 あはは、それ逆ですよ(笑)」


良く見るとレナはパジャマのズボンを表裏ではいていた


「あれぇ・・?」


そう言うとレナはその場でズボンを脱ぎだす(汗)



えー・・とは思いつつももうこういう光景は見慣れて
いた・・しかし視線はレナの下着に釘付けだったが・・(笑)



「よーし、これで良ぃね♪食べよぅ♪」


「まずラーメンから行った方が良いですよ、伸びます
 から」


「はーぃ♪」



こうして珍しく出前を取った夜食は過ぎて行った・・
レナが全て食べ終えるまで15分もかからなかったの
は言うまでも無い・・。




・・そして翌日、僕は社長の事務所に向かってゆっくり
と歩を進めていた・・



(続きは次回♪)


続きが気になる方は応援クリックお願い致します!↓

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。