FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レストランについた時は既に時計は3時を回っていた、
時が経つのは早いものです・・


「ぅふふ♪ぃぃニオイがする~♪」


レナのさっきのシリアスさはどこへ行ったのか・・もう
いつもの調子に戻っていた(汗)


時間のせいもあるのだろうがそれほど混んではいないよ
うだ、僕達はレジに並ぶ・・。


「レナさんは何を食べるんですか?」


「ん~と・・ここはカレーがたくさんぁるんだね、カツも
 ハンバーグも食べたぃなぁ・・」


「じゃあ両方頼んで半分こします?」


「う~ん・・両方全部食べちゃぅ♪」


「え・・マジですか・・?」
 

「ぅん、あとサラダも2つ頼むの~♪それからチキンも~♪」


「わ・・わかりました・・」



僕は店員さんに注文をしようとすると


「ぁ、カイちゃん、大きいサイズもぁるんだね、そっちの
 方がぃぃなぁ♪」



・・レナは正気なのだろうか・・(汗)



僕はその旨を店員さんに伝える、おそらく店員さんは4人
分のを代表して買いに来てると思っているんだろうな・・



僕は重いトレーを持って席についた、机の上には僕のも
含めて凄い量の食べ物が並んでいる


「いただきまぁ~す♪」


レナは颯爽と食べ始める、いつものように尋常じゃない
ペースである・・。



周りにいる人の視線を僕は感じていた・・それはそうだ、
こんな細身で美人の女性が山盛りのカレーを2皿も並べ
て凄いペースで食べているのだから・・(汗)



しかしレナは食べても食べても太らない体質だった、一
緒にいた期間はレナのスタイルが崩れる事は一度も無か
ったと思う・・。


「ふぁいちゃん、ふぁべなぃの~?」


レナが食べながら話す、そういえば呆気に取られてて食
べるのを忘れていた・・


・・


何時間も歩き回っていたせいか僕もかなり疲れていたよ
うだ、食事がとても美味しい・・


そう感じながらも僕はレナの言葉が気になっていた




「でもね・・レナは幸せにはなっちゃぃけないの・・」




この言葉の意味は一体何だったんだろう・・


そういえばレナとは結構長い間一緒にいるが、僕はレナ
の事をあまり知らない・・レナはあまり自分の事を話す
事が無いのだ・・。


そう考えていると何だか妙に寂しいというか、レナとの
距離感を感じてしまう自分がいた・・


「カイちゃん、どぅしたの?」


「え、あ、いや何でも無いですよ」


いつの間にかレナをぼ~っと眺めていたらしい、レナが
不思議そうに声をかけてきた


僕は曖昧に答えながらももう少しレナの事を知りたい、
距離感を縮めたいなと思い始めていた・・


「ぁ~美味しかった♪」


ハッと気づくとレナは既に食べ終えていた、何て早さだ・・


僕も慌てて残りを食べだす、ただレナの事は考えたまま・・




・・



僕は・・レナにとってどんな存在なのだろう・・



(続きは次回♪)

続きが気になる方は応援クリックお願いします!!↓↓

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。