FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あの~・・」



声をかけて来たのは・・家族連れであろうオジさんだった


「すみません、写真を撮ってもらえないでしょうか?」



後ろを見ると奥様と小学校ぐらいのお子さん2人の姿が見
えた・・



「あ、大丈夫ですよ、ここを押せばいいんですね?」


「はい、すみません・・」



僕はカメラを手に取ったのだがレナがそれを制し


「カイちゃん、レナにやらせて♪」


「え?あ、どうぞ・・」



レナには少し笑顔が戻っていた・・僕は少しだけホッとして
いた・・



「はぁ~い、いきますよぅ、せーの♪」


パシャ



何とも妙なかけ声の仕方だったが・・無事に撮影できた
ようだ


「ありがとうございました」


「はぁぃ、この後も楽しんでね、オジちゃん♪」



お、オジちゃんって・・まぁレナらしいけど(笑)


・・


再び僕達は並んで座る・・



さっきの雰囲気は本当に気まずかったので正直さっきの
オジさんには助けられた・・そんな風に僕は思っていた・・



「ねぇカイちゃん・・」


「あ、はい」


「家族って・・いぃね♪」


「そうですね~さっきの人達はとても楽しそうでしたね」


「カイちゃんは早く結婚したぃ?」


「あ、いや僕は・・もう少し先でいいですね、レナさんは?」


「ぅ~ん・・どぅかな・・」



僕は話しながら想像していた・・レナがもし自分の奥さん
だったらと・・


とても苦労しそうだが家庭は凄く楽しくなりそうな・・そ
んな気がしていた(汗)



「カイちゃんと結婚したら・・毎日楽しそぅだよね♪」


「え・・?」


「カイちゃんは優しぃから・・」


「え、あ、いや僕は・・」



急にドキっとする事を言われると当時の僕は反応が全くでき
なかった・・



「んふふ・・あ、そうぃえばお腹空ぃたね♪」


「え、あ、そうですね・・何か食べますか?」


「ぅん、いこ♪」



僕はレナに振り回されっぱなしである(汗)


しかしレナの真意は分からなかったものの僕の心は
幸福で満たされていた・・



足取りも軽く僕達はレストランの方へ向かった・・



(続きは次回♪)

続きが気になる方は応援クリックお願いします!!↓↓

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。