FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・重い


どうしてこんなに身体が重いんだろう



うまく前に歩けない・・



「待って・・」



僕は彼女に懸命に追いつこうとするが足が前に出ない



どんどん距離が離れる・・



やがて前を歩く少女は黒い闇に閉ざされた森へ入ろうとしている


「そっちへ行っちゃダメだ!」


僕はそう叫んだ・・



一瞬少女の歩みが止まる


しかしまるで森に吸い寄せられるかのように少女は歩き出す



深い闇に入る前に一瞬こちらを振り向いた・・



誰かに助けを求めるような・・悲しい顔をしていた・・


・・

・・


「レナさん!!」


・・

・・


僕はそう叫んで・・



起き上がった・・(汗)



(夢・・だったのか・・)



僕は意識を現実に戻す・・




・・目の前には驚いたような表情をしているレナがいた


「どうしたのぉ海ちゃん、ビックリしちゃった♪」


「・・あ、すみません、お早うございます・・」



レナにはいつもの笑顔が戻っていた


僕は色んな意味で少しホッとしていた・・


しかしそこで昨日の夜の事を思い出す・・(汗)


・・!!



恥ずかしさで体が熱くなる・・今でもレナの肌の温かさを覚えていた・・


僕は気を紛らわすように何気なく時計を見た


「・・あ、もう仕事の時間・・」


「レナさんすいません!僕はもう行かないと・・」


「はぁ~い、行ってらっしゃ~い♪」


僕は素早く身支度を整え玄関に向かう



「海ちゃん、海ちゃん」


レナがパタパタと走って来る、何か忘れ物でもしたかな・・

そう思っていたが



「海ちゃん、今日もおじさんのラーメン食べに行こうね♪」



「・・はい!!」



僕は笑顔でレナの家を出た・・


第一部 ~完~



第一部はここまでです、またしばらくしたら第二部を書こうと思います♪

レナとはこの後1年間ほぼ毎日のように会ってました、不思議な子で
したが今となっては良い思い出ですね・・。


良かったら応援クリックお願いします!↓

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。