FC2ブログ

プロフィール

宮地 海

Author:宮地 海
こんにちは宮地 海です(^^)
詳しい自己紹介は下のカテゴリにあります♪

恋愛教材についてのご相談などはこちら↓
      

現在まで442件ものご相談を頂いております(^^)
 


カテゴリー


最近の記事


ランキング

当ブログのどのページにリンクをしても参加できます(^^)

リンク


SEO対策

BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は体が硬直していた


必死で荒れそうな呼吸を抑えている



体が熱い・・



レナの髪の匂いがする・・



レナの吐息を直に感じる



レナの体温がこちらに伝わってくる


・・

・・


ただ不思議とレナの身体に手を伸ばすという思考は無かった


さっき見せたレナの悲しそうな表情がそういう考えを起こさせなかった・・



「海ちゃん・・」



レナが少し首を上げて問いかける



「海ちゃんは・・他の男の人とちょっと違うんだね・・」


他の男とは誰の事なのか・・お客さんの事なのか・・それとも元彼とか
の事なのか・・



「レナね・・寂しいんだ・・」



さっきまでの笑顔のレナはどうしてしまったんだろう・・


・・


・・


僕は無意識の内にレナの頭を撫でていた



どうしてそうしたのかは分からない・・



だけど今のレナには一番必要な事だと感じていた



「ん・・」


レナが少し声を上げる



僕はその声に驚いて慌てて手を引っ込める



「ダメ・・もっとして・・」



「は・・はい・・」


返事なんかいらないのに・・(汗)




僕はレナの頭を撫で続けた・・



僕はこの時不思議な感情が起きていた



レナを・・守らないといけない



大した事もできないくせにそういう決意をしていた・・


(続きは次回♪)

続きが気になる方は応援クリックお願いします!!↓↓

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。